JR東海「全国旅行支援」実際に買ってみた 新幹線運賃も割引で大人気

JR東海が「JR東海ツアーズ」内で実施している全国旅行支援商品を実際に購入してみました。サーバー混雑が落ち着いてきたというのもありますが、どの都道府県のものが購入出来るのかは公式ページに記載されています。しかし人気過ぎて殆どの県は売り切れているようですね。

交通付なので一人上限8000円になりますが、上限8000円にするには2万円の商品にするのが一番還元率が良いので、ちょっと高いホテルやグリーン車を組み合わせる等して2万円近辺にするのが一番良いでしょう。東海と東日本では申し込み画面やフローが異なるので以下に違いを記載します。
東海:請求から減額されます。申込画面で自動適用にはならず必ず明示的に「参加者全員が条件を満たしている事を確認し適用を申し込みます」みたいなチェックを入れないと適用されないのでご注意下さい。逆に言えば適用しない旅行を申し込む事も可能です。一人ならまだ良いですが、複数人の場合は原則として全員のワクチン3回接種または陰性証明が必要で一人でも条件を満たさない人がいたら全体の割引適用されないシステムなのでかなり痛いですね。
東日本:請求から減額されず定価での決済となり、旅行終了後クレジットで支援金額分がマイナス請求されます。地域クーポンの付与額が表示されないのは不便ですが、土曜宿泊なら一人1000円・それ以外なら一人3000円という話でホテル等の宿が交付する物であり、これは実運用上はあまり影響は無いでしょう。対象地域の旅行を申し込もうとすると最初に全国旅行支援の規約同意画面が表示される事で、自動適用としているようです。適当というか効率性重視というか東日本の社風が出ていますね。
政府から各事業者・都道府県に振られた予算によって各事業者は割引事業を展開しています。JRだから全部OKとか、日本旅行だから全部OKとは限らず、どの事業者がどの都道府県で申し込めるかはサイトによって異なりますので、必ず事前にサイトを確認して旅行支援対象商品を申し込むようにして下さい。