JR東、東京駅で40分100円ロッカー開始 短時間保管需要に対応

JR東が、東京駅に100円ロッカーを設置したという事で、実際に行ってみた。

こちらが40分100円ロッカーであり、suicaを鍵として扱う事もできる最新タイプなのだろう。1日500円とかのロッカーもあるので長く止める人はそちらの方が得であるが、すぐ取り出す人は100円ロッカーの方が安く済むかもしれない。東京駅等の大規模駅ではキャリーバッグ等を預かってほしいという需要もある訳で、有人管理による保管サービスがあってもいいのかもしれない。全国の鉄道事業者が小銭稼ぎをする方法として一番簡単なのは高架下の駐車場ビジネスであり、駐車場不足の都内なら使う人も多数いるはずである。今後の展開に期待したい所である。