JR東日本パス 新幹線指定席4回取って駅で発券したら10枚出てきて驚愕

鉄道150周年記念のJR東日本パスは、えきねっと経由で申し込み、かならず紙切符で発券する必要があります。えきねっと申込履歴にQRコードが表示されますので、そのQRを券売機に読ませれば新幹線切符が出てきます。(特急に使った人は特急券になります)

10枚切符が出てくるというのは生涯無いと思うぐらいの量であり、衝撃を受ける人も多いかと思いますが、半分はただの案内に過ぎません。指定予約無しの場合は6枚、1回予約の場合は7枚等になります。そして右写真が東日本パス本体で、こちらは乗車券+特急券として機能します。新幹線に自由席で乗る時はこの本体のみ、指定に乗る時は2枚投入します。★マークが指定回数を示しており、★4つになると4回指定を受けた事を示します。

そして左写真が指定券です。一部加工させて頂きましたが、普通に新幹線切符を買うのと同じように具体的な列車の時分や座席番号が記載されており、変更する場合は駅の窓口で変更が可能です。右写真は案内で切符本体とは関係無いので別にゴミに捨てても構いませんが、本体をNewDaysに提示すると10%割引等の特典があると記載されているので一読しておくと良いでしょう。このように旅行当日は事前に発券した紙切符を持って動き回るという形になりますので、興味のある人は検討してみて下さい。