新幹線N700S乗車記 時刻表・車内・座席・従来型との違いは?

JR東海の新型新幹線車両N700Sに乗ってみました。SはSupremeで最高という意味ですが、なぜSupremeを選んだのかは教えてくれませんでした。それはさておき、早速本題に入ります。どの便がN700Sで運行されるかは公式サイトに公開されていますが、毎日運航の方はほぼ確実、毎日朝5時頃にアップされる本日運航のものは他の日には保証はないと教えてくれました。とはいえ当たればラッキー程度の感覚で前もって乗りたい場合は本日運航のものを使っても問題ないかと思います。

車内はN700系とほぼ変わりませんが、照明はLEDに変わり、窓側か廊下側かに関わらず全席電源が設置されています。これは大きいですね。それから安全対策として車内7列目と14列目付近に防犯カメラが設置されており、トンネル内での停止を防ぐためバッテリーでの自走機能も搭載されています。

N700Sを選んで乗る人が多かったのか平日でもほぼ満席でしたが、背面はこのようになっています。背面は従来と変わりませんね。

電源は窓側の場合は右サイドに光って設置されていましたが、N700Sは肘掛けの設置に変わりましたので注意してください。充電器を挿すとこんな感じですね。それから客への案内表示も大きく見やすくなりました。今のご時世文字スクロールではなく大型の有機ELや全席に液晶設置してほしいですけどね。騒音も軽減され耳ツンも減りましたが、座席は割りと固めで不快に思う人も多いかもしれません。最新車両に興味のある人はぜひ乗ってみて下さい。