JR四国「快速マリンライナー」指定席・グリーン車利用記 振動騒音皆無で快適

マリンライナーの普通車指定席とグリーン車に乗ってみました。料金は高松~岡山間で普通運賃に加えて指定席が500円、グリーン車が1000円追加になります。またどちらの種別もスマホ充電用のいわゆる電源はありませんのでご注意ください。買い方は券売機で買うか、みどりの窓口で買います。車内改札時でも買えますが現金オンリーです。

こちらは普通車指定席です。購入さえ出来れば朝・夕ラッシュ時でも確実に座れるという着席保証という点では大きなメリットですが、背面テーブルは存在しません。リクライニングはちょっとだけ可能です。着席位置が床より10cm程度高く設計されているので振動や騒音は普通席より軽減されています。空調は動きますが、普通席よりちょっと快適程度です。

こちらはグリーン車です。2階建ての2階であり、走り出すと路面インフォメーションが全く無いのである意味衝撃を受けます。ただし1階と2階の継ぎ目部分が劣化しているのか振り子的な挙動をするので人によっては酔うかもしれません。窓が湾曲しているのが特徴で、背面テーブルもあり、リクライニングも新幹線同様の角度まで出来ます。冷房・暖房等の空調はガンガン効いています。

机を開くとこんな感じですね。飲み物を置いたり飲食用かと思いますが、感染症のご時世か食べている人は少なかったですね。


瀬戸大橋も快適に見る事が出来ます。あとはグリーン車は一般的な車両よりも座席位置が高いので、ホームの人たちを見下ろせるという点で高みの見物感があり優越感に浸れます。500円払って絶対座りたいか、1000円払ってそれ以上を望むかという点で上手く使い分ける事ができるので、興味のある人は是非利用してみて下さい。