新幹線自由席で2席分占有は違反?隣に人来て欲しくない?JR東海に聞いた

先日新幹線自由席(静岡~東京)の夕方時間帯に乗りましたが、2席丸々占有・3席丸々占有している客を多く見かけました。こちらとしては衝撃的な光景に映りましたが、これを鉄道会社が黙認しているのであれば指定よりも自由席の方がお得という事になってしまいます。隣に人が来てほしくないとかバッグから物を取り出しやすいようにする為かと思われますが、2席使うなら2席分の料金を支払うべきでしょう。もっとも2席分買ったとしても約款上1人1席なので無効になるようですが。これらについてどのように考えているのか、JR東海に聞いてみました。

座席の占有など、乗務員が車内にて周囲のお客様へご迷惑となるような状況が認められた場合には、放送や個別にお声がけをするなど、ご協力をお願いいたしております。マナーの問題につきましてはお客様のモラルによるところが大きいのもまた実情ではございますが、乗務員による可能な限りの車内巡回等を実施し、快適な車内環境づくりに努めてまいります。

在来線の座席占有は運賃も安いので目をつぶりますが、新幹線の自由席・指定席は殆ど料金は変わりません。厳密には1割程度変わりますが殆ど誤差の範囲です。自由席はその性質上着席を保証しないサービスですからその点は了承しますが、とはいえ2席占有客のせいで座りたい人が座れないとか快適な旅の気分が損なわれるという現状があったとすれば本末転倒です。百歩譲って平日昼間などの閑散時間帯の座席占有は良いのかもしれませんが、鉄道会社も適宜放送やポスター等でマナー向上呼びかけをすべきであるし、客としても夕方の時間帯等、車内が満席に近づいてきた場合は席を空ける等してお互いがマナーを守って気持ち良く過ごせるよう他の客への配慮が必要と言えるでしょう。