スマホ動画で警察通報可能システム、全国一斉導入 菅前総理の指示

スマホで動画通報が可能となるシステムを、2022年10月から警察庁が全国一斉で導入すると発表した。現在動画を撮影してマスコミに投稿する事で事実上の抑止力になっている点もあるが、今後は警察に直接送信できるようになる。当方でも以前述べた他、現在は終了したアイデアボックスで「ほぼ全員スマホでカメラ持ってるのだから動画送れるようにすべき」と書いた所全国展開に至ったようで菅前総理の指示と言えるだろう。

具体的には電話での通報後、警察が必要と判断すればSMSでリンクを送信し、そのリンクを経由して動画等を送信できるようになる。例えば接触事故と言ってもちょっと擦っただけなのか、それとも全損に近い大規模な物なのかによって送る人員や緊急度も変わるはずであるし、誰もいない道での事故か交差点のど真ん中でひっくり返っているような場合かによっても異なるだろう。路上の喧嘩の場合も口頭による喧嘩なのか、それとも暴力なのかによっても重要度や緊急性は変わる訳で、映像が活躍するのは言うまでも無い。
よく事件事故の現場で野次馬と呼ばれる動画を撮っているだけの人達が見受けられるが、それらの人達が動画を送信できるようになれば警察としても事件事故の概要把握に役立つのは言うまでも無く、場合によっては証拠にも使えるのは明らかだろう。今後の展開に期待したい所である。