アイリスオーヤマ、他人の音楽流れる照明で炎上 ペアリング追加検討

アイリスオーヤマのBluetooth付照明器具において、他人が勝手にペアリングして他人の音楽を勝手に流せる脆弱性が存在している事について、既存製品はどうしようも無いので注意喚起に留めるとしたが、今後の製品でペアリング機能を追加すると報道があった。

確かに当該製品の取説を読んでみたがBluetoothのスピーカー部分は後付けユニットになっているようで「最大8台で古い物から自動で削除される」としか記述が無く、全てのペアリングリクエストを自動で許可する設定になっておりしかもそれをユーザー側では制御できないようで、例えば賃貸物件等で隣の人が追加したとしてもそれを止められない仕様になっているようだ。この仕様に不満がある人はスピーカーユニットを取り外して照明オンリーとして運用するか、アイリス側もスピーカーユニット相当分の返金またはBluetooth非対応照明器具への交換に応じるべきであろう。
無理に液晶画面を搭載したりする必要は無く、例えばリモコンにペアリングスイッチを搭載し、スイッチを押してから5分または10分以内のペアリングリクエストのみ許可するというような仕様にすれば全く問題無い訳であり、発想自体は斬新で面白い製品であると言えるので、今後の製品の改善を期待したい所である。