水戸プラザホテル宿泊記 森に囲まれた高級品格漂う部屋 運が良いと半額?!

水戸プラザホテルに宿泊してみました。一日数部屋限定でチェックイン18時・アウト9時の条件で利用出来る半額プランがあったのでそれを使い、更に県民割も使ったので本来であれば2万円程度の部屋が実質4500円で泊まれた事になります。全国で見てもここほど高級なホテルは少ないでしょう。

無料駐車場が600台ほど用意されており、森の部分はライトアップもされています。

館内は間接照明なので薄暗く感じますが、こんな物でしょう。チェックインを済ませるといきなり鍵を渡されますが、後精算のようです。鍵がファンタジーな重めのタイプなのでカードキーになると良いかもしれませんね。

部屋は指定できないプランでしたが、おそらく18000円相当のツイン部屋です。かなり広々としていて色々調度品も置かれていて快適ですね。

ベッド周りはこのようになっています。スマホ充電等のためか、延長コードでコンセントが増設されていました。しかもカーテンは電動です。


作業等をするデスクも専用の領域が確保されていてデスクトップパソコンが置けるのではないかというぐらいかなり広いです。ただしガラス張りなので冬は冷たいです。タブレットを置いてもこの広さなので机の大きさは想像頂けるかと思います。女性のドライヤー等に使える鏡がついていて、しかもその鏡は光ります。

こちらが枕元にあるスイッチです。エアコンやライトの調整が出来る他、カーテンの操作も出来ます。カーテンは遮光性がかなり優れており昼でも閉めると真っ暗になります。そして衝撃なのが洗面所ですが、なんと洗面台が2個もついています。2個の洗面台というのは何ともバブリーで帝国ホテルでも見た事がありませんが、二人同時に歯磨きも可能です。

 
風呂は高級ホテルでよくあるガラス張りとなっており、浴槽もかなり大きいです。これに自動湯張り機能が付いていたら最高ですけどね。家族で泊まった時にガラス張りは困るという人もいるようですが、それであればもう少しグレードの低いホテルも選択肢でしょう。レインシャワーも付いていますが、シャンプーはアメニティグッズの中に小さい物が入っていてそれを使う形です。据え置き型のシャンプー等もありますが感染症の事を考えれば一人一人個別の容器の方が清潔で安全と言えるでしょう。

コーヒーマシンが標準設置されていて、引き出しを開けるとお茶やコーヒー等を飲む事が出来ます。

冷蔵庫内の飲み物は有料ですが、金曜・土曜・祝前日の場合はドリンク1本無料です。そしてこちらが「いば旅クーポン券」です。偽造防止等のホログラムはないようですが、不正をしても番号でバレるのがオチでしょう。宿泊費の割引には使えませんが、館内のレストラン等では使えます。

そしてこちらが机の中からコッソリ出てきたルームサービスのメニューです。朝食は火・木・土日のみのようです。税金・サービス料込で考えればルームサービスがある高級ホテルの中では料金は良心的ではないかと思います。

中庭は宿泊者は自由に出入する事ができ、レストランもここから入る必要があります。やたらとオブジェクトや細かい描写が多いのでカメラの性能を確かめるのにもうってつけかもしれません。

こちらは2600円の朝食です。これに対して県民割クーポンを適用した為、実質600円になりました。感染症対策としてブッフェは休止してプレートになっています。ご飯・味噌汁・ドリンクのお代わりは自由です。丁寧に作られていて美味でした。

県庁近くで偉い人が泊まるのを前提にクオリティの高い客室が設計されたのは言うまでも無いでしょう。客室からの眺めもそこそこいいですね。興味のある人はぜひ泊まってみて下さい。