余裕がある時に車の一部繰上返済をして利息節約!

自動車ローンは、最後まで払っていると金利分損をします。
しかし実際は残価設定ローンなどの普及で「月々の支払いはいくらです」という説明のされ方が多く、金利が何%か把握していない人も多いのではないでしょうか。
銀行等安い金利に借り換えてもいいけど借り換えも書類書いたり面倒だしなあ、という人にオススメなのが一部繰上返済です。

トヨタやホンダなどの一部メーカーでは、「一部繰上返済」に対応しています。
一部繰上返済とは、「ボーナス入ったので10万円だけ返したい」というような、クレジットのリボ払いのような臨時返済に対応する制度です。
さらに繰上方法も「回数を減らすのか」「一回の支払いを減らすのか」どちらかを選ぶことができます。
※残クレは支払い減のみ対応など条件があります
通常銀行等で借り入れるとこの一部繰り上げ返済ができなかったり、できても手数料がかかったりしますが、大手車メーカーの場合は条件の範囲であれば手数料無料でやってくれます。

同じ繰り上げ返済でも「全部繰り上げ返済」となると残債全てを一括返済する(売却、借り換え)ということになり、意味が違ってきますので注意が必要です。

今回は、約200万円(金利3.5%)の車で15万円を一部繰り上げ返済した場合にどのようになるのかシミュレーションしてみました。

利息分18,207円浮いて、毎月の支払いも2,300円安くなりますよという計算です。
15万円入れると18,207円得する還元率12%のおいしい話なんて世の中そうそう無いですよね。

クレジットのリボ払いは上手く利用することで支払額を増やしたり減らしたりできますが、車のローンの場合はそれができないのでまとまったお金を定期的に用意して減らしていくしかありません。
お金があると使ってしまうんだという人はぜひこの一部繰り上げ返済に充てて車の早期完済を目指しましょう。

コメントする