首都高「国葬」実施で大規模通行止め、迂回・大規模渋滞等に注意

安倍元総理の国葬が27日に行われるのに伴い、26・28日は一部、27日は正午から午後9時頃まで要人輸送の為首都高が通行止めになる。詳細は警視庁のサイトに公開されているが、東京駅を基準として新宿・池袋・渋谷・台場・芝浦方面がアウトになる。東京駅で要人を拾って武道館まで輸送するのだろう。首都高も普段の通行止めなら事前に大々的に予告をするはずだが、今回に限っては警察に聞いてくれとダンマリを決め込んでいる。

一般道も武道館付近の道路は一部通行止めになる。これに伴い迂回が必要となるが、迂回に伴う渋滞が大規模に発生して首都高全体が麻痺、そして外環・圏央道・中央道等のネクスコ管内に渋滞が飛び火する可能性も考えられる。一番厄介なのは渋滞途中で発生する追突事故に伴う渋滞連鎖であり、これが起きるといつまで経っても渋滞は解消しない。当日は首都高を使わないのは勿論であるが、荷物輸送業者等も首都高を経由した荷物等を輸送しない、首都高を使う土木業者等も仕事を休んだ方が良いのは間違いないだろう。都内は鉄道が充実しているのだから専用列車で要人を運べば良いのに一般道と高速を封鎖するあたり警察が関わりたいからなのは事実だろう。当日は物流量の多い平日であり大混乱が起きる可能性が非常に高いので、首都高にはなるべく流入しないようにしてもらいたい物である。