香川県「ゲーム条例」内容・趣旨・罰則はある?県知事に聞いてみた

香川県で施行されている「ゲーム条例」ですが、どういう内容をどう規制し、罰則はあるのか、池田新知事に聞いてみました。

「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例」は、ネット・ゲーム依存症対策の推進について、正しい知識の普及啓発や予防対策などの推進、医療提供体制の整備、相談支援、人材育成の推進など施策の基本となる事項を定めることにより、県、市町、学校、保護者などが相互に連携を図りながらネット・ゲーム依存症対策を総合的かつ計画的に推進することで、次代を担う子どもたちの健やかな成長と、県民が健全に暮らせる社会の実現に寄与することを目的にしています。具体的には、県、学校等、保護者の責務や市町の役割、子どものスマートフォン等の使用やコンピュータゲームの利用に当たっての家庭でのルールづくりやその見直しなどについて規定しています。
この条例では、「おおよその基準」を意味する「目安」として、ネット・ゲーム依存症につながるようなコンピュータゲームの利用に当たっては「平日60分まで」、スマートフォン等の使用に当たっては「午後9時まで」などとしています。保護者には、子どもにスマートフォンなどを使用させる場合に、子どもの年齢や各家庭の実情などを考慮の上、使用に伴う危険性や過度の使用による弊害について、子どもと話し合い、この目安を踏まえ、使用時間を含めた使用に関するルールづくりや見直しを行っていただくとともに、家庭で決めたルールを子どもに遵守させるよう努めていただくもので、ゲームの利用を否定したり、一律に制限したりするものではなく、罰則もありません。
なお、この条例では、「コンピュータゲーム」はスマートフォンやパソコン、ゲーム専用機などで動作する、コンピュータを使用したゲーム全般を指しています。
また、この条例は、本県の子どもたちをはじめ、県民をネット・ゲーム依存症から守るための対策を総合的に推進するために制定されたものであることから、本県在住の方が対象と考えております。

新知事就任前に送った事もあり、かなり丁寧な回答を頂けました。反対という人も結構多いですが、スマホやゲーム機の使いすぎを防止するという意味では趣旨としては理解出来る部分もあります。ゲームの使用は平日60分、スマホの使用は午後9時までという事で普通の子どもたちであれば滅茶苦茶厳しい数値というようにも感じません。土日は制限が書かれてないので自由とも解釈できます。また適用者について、通常の条例で解釈すれば県内に旅行に来た人もアウトになるがそれでいいのかという質問については、在住者が対象という回答を頂きました。ゲーム条例は県内・県外ともに賛否の渦を巻き込み、条例という点で縛り付ける意味があったのかは疑問ですが、これをきっかけに家庭で話し合って欲しいという側面という部分では大きな役割を果たしたと思います。せっかくうどん県で評価を上げてきただけに、ゲーム条例で評価を下げるような事はあってはならない訳で、この条例の存廃も含めて県民等に意見を聞いて軌道修正を図る等、新知事の今後の舵取りに期待したいと思います。