レイメイ藤井カードケース購入記 キャッシュレス時代に相応しい超軽量財布

キャッシュレス決済の台頭により財布の薄型化・小型化が進んでいると言われていますが、当方ではかなり前からカードケース型の財布を使っておりおそらく一番軽量と言われるレイメイ藤井のカードケースに乗り換えてみました。重さはなんと13gで特殊ペーパーを使用しているようです。価格も色によりますが350~500円ほどなので破損しても簡単に買替できる価格で、何より国内メーカーというのが安心できるポイントですね。

実際に開けてみるとこんな感じで、見た目は重そうに見えますが実際はかなり軽いです。ポケットは2つ分で、一番奥も使えば最大3枚のカード類を収納する事が出来ます。本革を彷彿とさせる模様が良いですね。一応触るとデコボコにはなっていますが見た目ほどでは無いです。

裏にはなにやら模様というかロゴが入っていますが、見ないので気になる人はいないでしょう。中から説明書が出てきました。海外の物はマニュアル類は一切ありませんが、こういう注意書きが出てくるのが国内メーカーらしいですね。

カードケースなので札や小銭を入れるのは想定していませんが、頑張れば小銭3枚ぐらいは入るかもしれません。そして当方のカード類を入れるとこんな感じになります。ゆうちょ・クレカ・免許の3枚なのでこれで十分なのです。ゆうちょとスマホを紐付けしてスマホでお金が下ろせるように、免許とスマホが統合されれば免許の常時携帯も不要になるので早く実現してもらいたいものです。ともあれ軽量財布の究極形という事でおそらく世界最軽量のカードケースでは無いかと言う所で日本の技術が詰まっています。興味のある人は買ってみて下さい。