クレジットカードの有効期限とは?特にETCカードの差替忘れに注意

クレジットカードには有効期限があります。一般的には3年ですが、ゴールドやプラチナになると5年の人も多いようであり、券面に期限が書いてあります。カード会社は「カードが劣化する為」と説明していますが、それは表向きであり有効期限を設ける本当の理由として有効期限前に審査を行い支払能力が無い人は利用停止等にさせる為という理由が大きいでしょう。クレジットとは信用ですから、信用の無い人にはカードを渡せないのです。現に有効期限前になると一発停止や解約というのは滅多に無いですが限度額を減らされたり、次のカードは有効期限を縮めますと通知が来たり支払能力が低そうな人には制限を掛けてきます。いくら使っているか、いくら支払っているかのバランスを見ているようです。
カードの更新については特段客側の手続きは必要なく、カード会社が審査をした上で引き続き支払能力があると認めた人は原則自動更新で、期限の1ヶ月ほど前になると勝手に新しいカードを送ってきます。そこで「古いカードは破棄して下さい」と記載がありますが、差し替えずに使っていると使えなくなるので要注意です。一般の板カードであれば店頭でエラーになるので分かりますが、ETCカードの場合は料金所で跳ねられて恥を掻いたり後ろの車に怒られたりとトラブルの原因になりますので、カードを更新する際はETCカードも必ず差し替えるようにしましょう。