高須院長「国葬10億安すぎ」寄付意向表明でネット民「税金使わないなら賛成」

高須院長が「国葬10億は安すぎ」等とツイートし、私財全額寄付の用意があると表明した。

高須院長の資産がいくらあるかは不明だが、例えば数百億あるとするならば10億は安いという感想になるのだろう。毎日のように家計簿や通帳の残高を眺めながら100円や200円をケチケチ生活している一般市民からすれば億というのは巨額の世界であり今回は賛否両論ある人にお金を使うという案件であり反対論も噴出しやすいのである。反対派の主張の本質がやるかやらないかでは無くお金の出所という部分に気付いたのだろう。
自分の寄付で混乱が収まるならその方が安い、10億払って終わるなら払いますわ、国会でいつまでも政治の停滞を伴う国葬の議論をしてないで与えられた議席及び審議時間は有意義に使うべきという考えがあるに違いない。ネット上でも「私財を使うのはご自由にどうぞ」「それなら賛成」といった声もあり、クラウドファンディングすべきではないかという意見も出てきている。元々政府や安倍元総理との関係も良好な高須院長であるが、この申し出に対して政府がYesと答えるのか、今後の展開に期待したい。