青い森鉄道とは?駅も車両も間借りでJRのフリをした変わり者私鉄

青森に青い森鉄道という第三セクターの鉄道があるが、JR券売機で切符が買えたり、青い森管内でJRの切符が買えたり、使っている車両はJRのものだったり等、実態はほとんどJRと変わりない。JR東がこの区間についてsuica導入をしていない(将来予定)のも違う会社がいて調整が厄介だからだろう。ここはもともと東北本線であったが、新幹線開業に伴い並走する在来線は経営から手放すという規定により上下分離方式によって上の部分を青い森鉄道、線路部分を県が保有している。紙きっぷで改札乗り換えなく違う会社の電車に乗れるのは極めてレアだろう。

新幹線ホームからひっそり見える青い森鉄道の列車である。中身はJRの車両そのままであるが、色々コストダウンがされているようで基本的にワンマン、液晶表示器が無い、駅においても表示案内の類は一切無く放送のみである。首都圏における相互乗り入れ・直通と似たようなものであり客が会社の違いをあまり意識する必要はないが、18切符で使う場合は基本的に使えない、一部区間のみ特例で使えるといった制限があるので注意。興味のある人は青い森鉄道に乗ってみてもらいたい。