岸田総理が感染、本人感染で行動制限可能性高まる


岸田総理が感染症に感染したという速報が入ってきた。微熱等があるため検査を受けたいと自分から名乗り出て検査をした所、陽性と判明し公邸で療養しているようである。
くれぐれもお大事にしていただきたい所であるが、日本において総理が感染したのは初めてであり誰に何を言われようと経済や税収確保、無駄な支出回避の為に意地でも行動制限を掛けなかった部分が自分の身に跳ね返ってきたとも言えるだろう。岸田総理は菅前総理に比べるとノーマスク万歳みたいな立場であり、現在の規制なんか無くして早く自由になりたい!経済回したい!を前面に押し出したスタイルを批判する人も多い。その割には観光支援も保留し続けてるので矛盾してますけどね。
ウイルスは飛沫感染やエアロゾル感染のみならず、紙やペン、キーボードにも付着していると言われ完璧に防ぐのはもはや難しい部類であるが人の動きが減ればウイルスの付着や拡散も減るので行動制限に意味があるのは確かだろう。現在規定されている蔓延防止措置・緊急事態宣言は厳しいという声も聞かれるが、極めてロジカルで最小限の費用で最大の効果を発揮する政府が保有する手段の一つでありどの条項を適用するかは知事判断に任せるにしても自治体も法に基づいて仕事をしているので法に基づいたお願いが出来るのは仕事しやすくなる訳であり今の名前だけの「BA.5なんちゃら宣言」みたいなものではなく本物の措置や宣言をどんどん活用すべきであろう。今回の総理の感染で打ち出す政策に影響が出るのか、行方を見守りたいところである。