新宿のサイネージ事情は?節電するフラッグスビジョンに喝采

新宿と言えば夜も眠らない街として知られているが、大型ビジョン(サイネージ)にも節電の波が訪れている。節電する事業者もあればしない事業者もあると言うことで、現地を確かめてみた。

新宿駅前の一等地に掲げるフラッグスビジョンは、節電の文章を掲出していた。一方、JR東日本のビジョンは殆ど通常通りであった。ビジョンと言えば都市部に多数掲出され電気の無駄遣いと言われる事もあるが、多くの人が見る事ができ非常時に役立つのは間違いない。先日のKDDIの通信障害で「広報方法に問題がある」と言われ通信出来なければそもそもwebサイトも見れないだろという突っ込みが記者からされていたが、それならば大型ビジョンで告知するとか電車のアナウンスで流すとかやり方はいくらでもある訳であり、政府が音頭を取り大規模通信障害の発生時等における事業者を跨いだ大型ビジョン等の利活用等も含めた広報体制の強化に取り組んでもらいたいものである。