ツイッターで知事脅迫文言記載し群馬県に返信で逮捕 ネット民衝撃

ツイッターの群馬県アカウントに対し、知事を脅迫する内容を返信したとして伊勢崎市在住の男が逮捕された。内容の具体的な記載は控えるが、知事の生命に危険が及ぶ可能性がある事を示唆する内容である。

内容は現在も公開されているが、一部をモザイク処理させて頂いた。行政組織においては表現の自由を尊重するという事で知事あるいは政策施策等における批判批評は許されるが、個人に対して命を奪うという内容は誹謗中傷等に認定される可能性が高い。いくら考え方や思想が違ったとしても公人の生命に言及する事はあってはならない。ただし全国的に見ても今回の検挙はかなりレアケースであり全国のネット民に衝撃が走っているようである。誹謗中傷や脅迫等はその文言等が総合的に判断される事になるが、今回のケースは普段から群馬県に対して粘着的に返信を繰り返し、群馬県知事が載っている県のツイートに対して、具体的に県にリプをし、その内容及び知事名を文言内に記載したという5要素が見事に揃ってアウト判定になった可能性が高い。県にリプをする行為はサイトの問合せフォームに投稿する事と同義であり、ツイッター等のネット上の道具は一歩間違えば凶器になるのである。県や市などの自治体アカウントに粘着的に張り付いて変な返信をする人は数多く見かけるが、内容は職員が確認していて心を痛めているという声も聞く訳であり心当たりのある人は今すぐ辞めてもらいたいものである。