キングアンバサダーホテル熊谷宿泊記 広々シングルでコスパ最高

キングアンバサダーホテル熊谷に宿泊してみた。以前はスイートに宿泊したが、広すぎると感じたので今回はシングルを選択した。

シングル部屋はこのような感じであり、それでも一般的なビジネスホテルにおけるシングルの2倍ぐらいの広さがある。このクオリティで素泊まり6千円台であり、熊谷駅周辺においてホテルが少ないのはこのホテルが強すぎるというのが理由なのだろう。ガラステーブルの上には機械式駐車場終了のお知らせが張られていた。確かに周辺には徒歩圏で駐車場が多数あるので、ホテルがわざわざ公式で維持費の掛かる機械式を運営する必要は無くなったのかもしれない。スイートと違ってソファは設置されていない。

デスク周りはこんな感じで広々としており、ハンガー周りもかなり余裕のある設計だ。

物が散乱しやすい洗面台周りもかなり広く、浴槽も一般的なシングルに比べればかなり広い。身長の高い人でも足を伸ばして浴槽に入る事が可能だ。バスタオルの長さが2m近くあり、高級ホテル並みに大きいのも満足感に浸れる大きな理由だろう。

ホテル業界ではフロントでアメニティを持っていくところが増えているが、ここは客室に全てセットされていて非常に有難い。深夜に割箸やスプーンが無いかフロントに電話したらわざわざ部屋まで持ってきてくれた神対応には驚いた所である。

価格は非常にリーズナブルであるが、地元民からすると地域で一番の高級ホテルである地位は変わらないだろう。朝食も美味しく、全国的に見てもかなり良心的な運営をしているのは間違いない訳で、興味のある人はぜひ泊まってみてもらいたい。