ブラウン電動歯ブラシPRO2購入記 安価・高機能でコスパ最高

当方はブラウンの電動歯ブラシを使っていますが、10年前の高級モデルと言えどもさすがにへたってきた感じがしたので新品購入してみました。さすがに前回と同じような予算という訳には行かず1万円前後で探していた所、PRO2というモデルを発見したので購入してみました。価格は9000円程度で、これの下位互換のPRO1もあり5000円程度で買えますが押しつけ防止センサーが無いのでブラシの消耗が懸念されます。

こちらがPRO2の外箱です。箱形なのでドラッグストアには売っておらず電気屋やドンキ等に行かないと買えないでしょう。早速箱を開けてみると、右側に本体、中央にケース・ブラシ・マニュアル・充電器が入っていました。価格帯が違うので比較するのは酷かもしれませんが、10年前に比べて色々パッケージ部分も簡素になった気がします。パッケージで赤く光っているのは押しつけ防止センサーで、押しつける圧が強いと赤く光ります。デザインが白一色で清潔感をアピールしているデザインも素晴らしいですね。

ケースと充電器はこんな感じです。個人的にはケースは不要な気がしますが、持ち運ぶというニーズもあるのでしょう。満充電では無いですが多少は充電されているようで、一応電源スイッチを入れて軸が回る事を確認しました。このモデルは高級モデルと違って一回押して停止ではなく、モードを切り替えて最後が停止という形なので使いづらいと思う人も居るかもしれませんが、不満ならば高級モデルへという所なのでしょう。

電動歯ブラシ専用の歯磨き粉(粉というよりペースト状ですが)を付けて磨いてみました。すぐには感じませんが、数時間経つと結構スッキリした感じで口の中が不快にならないので細かい歯垢等が取れているのでしょう。充電中は緑色のランプが点灯し、完了すると消灯します。

そしてこちらが従来から使っていた電動歯ブラシです。動くには動きますが、おそらく新品に比べて回転数が落ちているのは間違いないでしょう。ボタンが2個あるので2~3万円程度のモデルのはずです。とはいえ本体が劣化すればいくら新品のブラシをはめても宝の持ち腐れという所でしょう。そして本体の重さも170gから125gとかなりの軽量化及び小型化を実現しています。毎日使う物ですから軽い方がいいのは間違いないですね。2~3万の高級モデルを買うよりも1万のモデルを買って劣化してきたら買い替えというのがスムーズな気がします。興味のある人はぜひ検討してみてください。