埼玉県 南篠崎交差点取締りに注意!隣の雰囲気読み走行で即検挙

埼玉県に南篠崎交差点というものがありパトカーが取締りをしていたが、以下のような図面である。

直進レーンが1レーン、右折レーンが2レーンとなっており、その制御は矢印がメインであり青になる事は無い。しかし、直進矢印が出ている間において隣の直進レーンにつられて右折方向に走行した場合は信号無視となり検挙対象になる。右折といっても感覚的には斜め右でありナビも斜め右とか斜め直進と案内する場合が多い。どちらにせよ右折したければ右矢印が出るまで待たなければならない。この場所では右折する車が殆どであるにも関わらず立体交差等にせずわざわざこのような構造にしておりその理由を聞いてみたい所である。埼玉県の巨大な交差点では斜め直進等、変な方向に行かせる場合がありそして一度分岐すると二度と戻れないような場所もあるのが事実であり、道路というものは慣れた人だけが走るとは限らず県外民が走る場合もありうるので親切な構造及び設計を心がけ、そしてそこで間違えた人を取り締まるという意地悪な運用が果たして適切なのか議論すべきであろう。