安倍氏最後の動画は「焼き立て美味しいですよ」福島県で食レポ「消さないで」

安倍晋三チャンネルが1週間で100万人登録者が増えているようであるが、安倍氏最後の動画は「福島県でソウルフードいただきます」として福島県小野町のご当地アイスバーガーを食べている様子であった。ネット上では「このチャンネル絶対に消さないで」「嘘だと言って」「笑顔が素敵すぎる」「更新されてないの悲しすぎる」等のコメントが殺到している。

最後の動画が福島であるとすれば、「福島の復興なくして日本の復興なし」を合い言葉に多額の国費を東北に投入して復興を成し遂げ安倍政権の殆どは福島と共にあったのではないかと思うぐらいである。そして昨日、双葉町の一部において住民の居住を可能にするという発表があり、元の町に戻る事は無いかもしれないが新しい町が出来て新しい人々が住む事になれば復興が一歩前に進んだと思う所である。夫人も「蒔いた種が実るように」と言っていたが、被災した人達や福島の人達の笑顔が増えればそれは蒔いた種が実ったという事になるのだろう。在職中はマスコミや国民こぞって安倍政権を叩きまくっていたが、亡くなった後に評価が高まるというのは日本人あるあるであり、なぜ在職中に評価しなかったと思う人は多いだろう。国民一律10万円を決断したのは安倍総理であるが貰うものだけ貰ってこれも誰も評価しない上、アベノマスクに至っては完全否定に近い世論であった事は間違いない。岸田政権はマイナポイントで3万円という施策に留まっており、一つの事業で国家予算の1割に当たる12兆円近い予算を確保出来る総理が今後現れるとは到底思えない訳で、貴重な指導者を失った事で日本という国の今後が危ぶまれる事は間違いないだろう。