救急車来ても避けない人多数?道交法違反で1点・6000円なので注意

救急車等の緊急自動車が来ても避けない人が増えたと報道されているが、これは道交法で明文化されている。警察や消防の緊急走行でうるさく言われる事はまず無いが、救急車を妨害するとスピーカーで空けて下さいと叫ばれるのがオチである。

(緊急自動車の優先)
第四十条 交差点又はその附近において、緊急自動車が接近してきたときは、路面電車は交差点を避けて、車両(緊急自動車を除く。以下この条において同じ。)は交差点を避け、かつ、道路の左側(一方通行となつている道路においてその左側に寄ることが緊急自動車の通行を妨げることとなる場合にあつては、道路の右側。次項において同じ。)に寄つて一時停止しなければならない。
2 前項以外の場所において、緊急自動車が接近してきたときは、車両は、道路の左側に寄つて、これに進路を譲らなければならない。
と書いてある。交差点内にいた車両は仕方ないにしても、それ以外の場合には全ての自動車は道路の左側または右側に寄ってその通行が完了するまで一時停止しなければならない。道交法上、これに違反すると1点・6000円が課されるがこの違反で切符を切られたという報告は皆無なので規定上存在するだけの違反に過ぎないのが現状である。どちらにせよサイレンを鳴らした緊急走行は人の生命が掛かっていると考え、速やかに進路を譲るようにしてもらいたいものである。