高速道路は本線優先!強引な車線変更は道交法違反で事故に繋がるので注意

高速道路は免許取得時も大きく時間を取って教習しない為か、我が物顔で運転している人が結構多い。

よく問題になるのがインターやSA/PA等から本線に合流する時であるが、高速上なので勿論停止は出来ないが、停止しない範囲で合間を見計らって上手く合流するしかない。それでもあくまでも本線優先である。本線側の車が気付いて空けてくれる場合もあるが、殆どは自分でタイミングを見計らうしか無い。首都高には100m程度で合流しろという場所があるが、きっと首都高の社長は日本一合流が上手いのだろう。また道交法では一気に2以上の車線変更をする事は出来ないので、一番右の車線に行きたい場合でも一個ずつ車線変更する必要がある。また、強引に車線変更した場合は車間距離不保持等に問われる可能性もある。どちらにせよ事故の原因になるので、高速を走る人は合流時は本線側、本線走行時は合流車両に十分注意した上で走行するようにしてもらいたい。