圏央道のインター手前にあるトイレは使っていいの?ネクスコに聞いてみた

高速のインターと言えば手前に事務所のような物が設置されていますが、圏央道茨城区間のインター手前にはトイレのマークもありご自由にどうぞという雰囲気が感じられます。実際ここで休んでいる人も多い訳ですが、どのような運用になっているのかネクスコに聞いてみました。

お申し出にございます「インター手前にある駐車場(トイレ)」ですが、圏央道の茨城区間の各ICに併設する料金所(事務室)の駐車場(トイレ)に関するご指摘と思われます。

この場合において、「圏央道・五霞IC〜阿見東IC」に限り、現時点では休憩施設が整備されていないことや、暫定2車線であり一部区間において慢性的な渋滞が発生していることから、各料金所のお客さま用トイレを利用するために、圏央道の当該区間をご利用されているお客さまが、一旦圏央道から流出し、引き続き圏央道に乗り直すことを特別に認めております。

当該区間において料金所のお客さま用トイレをご利用になる場合は、料金所の出口一般レーンに入り係員にその旨をお申し出ください。
(※「つくば中央・牛久阿見料金所」においては、事前にETCカードをETC車載器から取り出したうえで、「ETC/一般」レーンに入り係員にその旨をお申し出ください。)

なお、本件取り扱いは暫定的な措置となるため、今後変更させていただく場合があるほか、整備中などの理由によりご利用になれない場合もございます。また、当該駐車場(トイレ)は、上記のご利用のほか、料金所事務室にご用件のあるお客さまのための場所となりますので、これらの目的以外でのご利用はお断りしております。予めご承知おきください。

圏央道の休憩施設(SA/PA等)が少ない事情を鑑み例外的にこの区間では客の使用も認めているとし、その為に乗り直す事も認めているという回答であった。この区間に限るがトイレの為の乗り直しも認めているという回答は衝撃である。確かに高速道路本線上で用を足す訳にはいかないのでこのような対応はネクスコにしては柔軟な取扱と言えるだろう。すぐクレームを出して文句を言われて怒鳴られる茨城らしいと言えばらしい所だが、事務所への用事・あるいはトイレ利用であればこのスペースを堂々と利用できるので興味のある人はぜひ使ってみてもらいたい。