au障害、進捗状況等丁寧に説明も理由は「輻輳」終始 そもそも輻輳って何?

auの障害について、進捗状況をパーセントで知らせたり完了時刻を知らせる等の丁寧な説明がなされている。以前のドコモのように「終わりました」とリリースしたのにまだ終わっていなかったとなると叩かれるのは自明なので、最後の1人が終わるまで完了とは言わないのかもしれない。

その一方で、理由に関しては「VoLTE交換機でトラフィック輻輳」しか述べておらず、事実上伏せている形だ。輻輳というのは図にある通り、道路が渋滞している状態と思ってもらえば良いだろう。例えば車を通話通信に例えると、高速道路の渋滞で停止してしまったら通話・通信も止まるという事である。未明の障害により現在も障害が続いておりますってそれは皆知っている話であり輻輳の中身を知りたいのだが、今のところリリースされていない。しかし時間帯に重要なヒントが隠されており、普通日本において日本時間の深夜に使う人は少ないので深夜に輻輳する事はまずあり得ない。マイナポイント説もあるがそれならば夕方の時間帯に落ちていたはずである。ではなぜ輻輳したのか。理由は簡単で、海外からDDoSあるいはそれに類する大量アクセスを仕掛けられた可能性が高い。日本の深夜は海外であれば朝や昼であり、日本のサイトに仕掛けられる攻撃も海外から来るのは深夜であるケースが多い。通常の手順でブロックした物の他のIP・ホスト等から次々やられる等のマニュアル外の事が起き、最終的に万全を期す為全停止に至ったという線も濃厚だろう。通信事業者は電気通信事業法で通信の秘密があるので「どこそこのホスト名からDDoS打たれました」とかは言わないだろうが、国名ぐらいは言ってもいいのかもしれない。
もし何らかの組織が絡んでいたとすれば、NATO会議直後・参院選前で政治家を混乱させるために土曜日を選んだのだろうか。そして大混乱が起きる平日を避けて土曜日にした可能性もある。日本では土曜も仕事の人がいるので結果的に大混乱になった訳であるが、むこうとしても数時間で解消するだろうと見込んでいたら2日もかかったのは予想外だろう。auという巨大回線が10~20年に一度レベルの全停止を起こすのは外部から何らかの攻撃があったとしか思えない訳で、その辺も含めて詳細な発表がされる事を期待したい。