交通取締りが出来ない道 栃木・群馬・埼玉入り乱れも移動式なら可能?!

関東で「交通取締りが出来ない道」があるという事で、実際に行ってみた。道の駅かぞわたらせ付近である。

同じ道を走っているだけであるが、栃木県が出現・次に群馬県が出現した。制限速度は全域において40km/hとなっている。県境を超えると舗装のレベルが違うので各県の道路へのやる気がよく分かる所である。

その後、埼玉県が出現し、道の駅を通り過ぎた後は再び群馬県に戻る。なぜ取締り出来ないのかというと、各都道府県の警察は原則各都道府県内の管轄であり、都道府県内を取締りの基本としているのでこの路線において白バイや白黒・覆面が追いかけてくる事はまず無いというロジックである。多少オーバーしても取り締まる場合もあると聞くが、ここまで入り乱れていると不可能である。しかし移動式オービスや光電管であればその地点に設置していればその地点で違反したことは明らかなので検挙対象になる場合はありうる。この道の駅自体は埼玉県所在なので事件事故が起きたら埼玉県警が来るのだろうが、三県境の部分はどうなのだろうか。ゆえに三県境プレート盗難時もどこの県でそれが発生した事になるのか不明瞭なので警察は動けなかったのだろう。ここまで都道府県が短距離で入り乱れるのは全国的にも珍しいので、興味のある人は行ってみてもらいたい。