高松空港「ラウンジ讃岐」訪問記 無料ドリンク・電源設置で眺望抜群

高松空港のラウンジである「ラウンジ讃岐」に行ってみました。ビザ・マスター等のゴールドカード以上及び、当日の航空券の提示が必要になります。航空券は紙のみならずスマホ提示でもOKです。ゴールド以上のクレカが無い人は1100円となります。営業時間は6:30から最終便20分前までです。荷物検査通過後に利用できる貴賓室とは異なり、こちらは荷物検査前でも利用可能で、別料金で200円出せばサイダー等の購入も可能です。

内部はこんな感じで、地方空港にしては割と広めの面積を確保しています。デザイン性に配慮している椅子であり座り心地はかなり良いですね。言い方を変えればある意味ゴールドカード以上しか入れない訳で客層がかなり厳選されるので静かな人ばかりというのは非常に良い事です。カウンター席のみ電源が設置されており、通常のコンセントとUSBが各席1ソケットずつ配置されています。飲食は持ち込み不可ですが、カップ式の無料自販機が設置されておりそこで飲み物を取る事は可能です。静かな環境で休みたいとか作業したいという人に最適ですので、興味のある人はぜひ使ってみてください。