高速上に覆面がいるか一発で見分ける方法 絶対では無いが一箇所目印発見

高速道路の取締りは詳細な取締り路線及び時間は全く公開されず、全ての県警で「全ての路線において全ての違反を対象とします」と書かれている。過去に覆面を見かけた事があったが、普通の一般車はネクスコの許可が無いと絶対に使えず勝手に使ったら怒られる料金所手前のUターン路をさぞ毎日来ている常連のような振る舞いで堂々と使ってUターンしまくっていた。当方が普通に入ろうとしたら覆面がUターンしていたのである。すなわちこのUターン路が閉鎖されている場合はその路線において現在取締は行われていない可能性が高く、Uターン路が解放されている場合は覆面または白黒が高速道路上にいる可能性が高い。思ったような獲物が見つからない場合は場面を切り替えると良く言われるが、この行動はまさにそれである。

一般人がやったら絶対にネクスコに怒られる事でも、覆面ならば許されるのである。SA/PAのゼブラゾーンに隠れたり、インターのUターン路を使用する等して、限られた時間で効率よく回れるようにしているのだろう。通常はふさがれているUターン路が解放されている場合には当該路線において取締が行われていると考え、安全運転に徹するようにしてもらいたい。