電車で相次ぐ旅客トラブル 客殺到もドアコック取扱で避難支障

電車内で口論になったとか、変な人が暴れた、液体がまかれた等のトラブルが相次いでいる。いずれの場合も会社側は素早く対応したようだ。メトロでは非常ボタンが押された後にホーム上で非常用ドアコックも取り扱われたようである。ドアコックが扱われると無条件で電車は止まり発進が不可能になり特にトンネル内で止められた場合は大変な事になる。
どの会社も「ホームドアとズレて止まった」等の非常時の訓練を強化しているが、客が窓から脱出するとか非常コックが取り扱われた場合の対応までは訓練していない。「押さないように客に呼び掛ける」で終わっているからだ。しかしパニックになると客は車内から出る事を優先し、押せるものは何でも押す、引けるものは何でも引くだろう。その点では身内の社員ではなく一般から訓練に参加したい客を集めて訓練する方が運営側も予測していない行動を取るという点で様々なデータが得られるので良いかもしれない。鉄道事業者も非常コックの取扱をできないようにするか「係員の指示があるまでは使用しないで下さい」等の文言追加、あるいは万が一扱われても対応が出来るオペレーションを整備しておく必要があるといえるだろう。