同一交差点で別会社使用?全国的にも極めてレアな低コスト信号機発見

低コスト信号機の普及が全国で進んでいるが、同一交差点において電球+低コスト、またはLED+低コストの形式は見た事があるが、別会社の低コスト信号機同士を使用している珍しい地点を香川県の丸亀駅で発見した。

見て分かる通り、コイト製と信号電材製の信号機が同一交差点において運用されている。メンテナンス性向上の為に他社でも互換性を持たせているか、あるいは変換チップを噛ませば他社製でも動くのかもしれない。そしてビックリしたのが、香川県内においては日本信号製の低コスト信号機は全く設置されていない。単純に公安委員会の趣味なのだろうが、人口・面積あたりの事故件数が多いと言われる香川県においてこそ低コスト信号機の設置は急務であり早急に進めてもらいたいものである。