快速マリンライナー8・10号 朝ラッシュ時の7両編成に圧巻!

快速マリンライナーは原則として5両編成であるが、朝ラッシュの時間帯である8・10号のみ7両に増結される。高松駅に予め2両を準備しておき増結作業を実施し2+5で7両編成にするのであり、増結作業が完了するまでの1分ほどの間はドアを閉められて乗客は外に出る事は出来ない。客が見える場所で増結作業を実施するのは珍しく、この作業は言うまでもなく一日2回しか行われないので毎回撮り鉄スポットになっている。朝ラッシュの混雑の様子を見ると12・14号も増結してもらいたいぐらいである。

こちらが7両になった快速マリンライナーである。全部は収まりきらなかったが、3号車とありその後4両続いているので7両編成である事が分かるだろう。2010年頃までは朝ラッシュ時の特別編成も9両編成であったが、全列車が1両減車された煽りを受けてこちらも7両編成となった。皮肉にもJR四国で一番編成数の長い列車(サンライズ瀬戸除く)と言っても過言では無いので、興味のある人はぜひ乗ってみてもらいたい。