快速マリンライナーと快速サンポート南風リレー号の違いは何か?

なんだか凄そうな名前の快速列車が四国に存在する。その名も「快速サンポート南風リレー号」である。JR四国の予讃線エリアにおいて観音寺あたりまで運転する列車であるが、同じ予讃線には既に快速マリンライナーが存在している。どこがどう違うのかまとめてみた。


快速マリンライナー
・予讃線内の停車駅は坂出のみ 岡山行き
・専用車両を使用(ただし快速なので追加料金は不要 1号車は別料金)
・揺れは小さい
・追加料金不要(普通席)
快速サンポート南風リレー号
・高松→端岡→坂出 松山方面行き 坂出以降は各駅停車
・郊外型の車両を使用 車両運用はバラバラ
・揺れは大きめ
・追加料金不要
・主に日中~夕方時間帯に運用
端的に言うと運用車両と行き先が違うという点で、南風リレーの表示が無い「快速サンポート」の場合もあるが特に中身は変わらないようである。

観音寺方面に早く行きたい時はマリンに乗車し坂出で乗り換えるというのも一つの方法である。マリンライナーや南風リレー号は、特に利用者の多い朝夕時間帯においてたまに抜き打ちで車内検札があり有効な乗車券類を見せないと事情を聞かれる事がある。JR四国は自動改札が少ないと言われるがその分車内検札を行う事で不良客を排除しているのだろう。マリンではグリーン車等の有料席エリアでは車内検札が必ず行われるが、普通車エリアでもたまに行われるという事である。瀬戸大橋もついに赤字に転落したと報道が出ていたが岡山・香川の自慢は何よりもマリンライナーであり、130km/h高速運転する普通列車は全国を見ても数えるほどしかないのが現状だ。県外の人にマリンに乗ってもらう施策や柔軟なフリーパス等を展開すればJR四国の赤字も挽回できるのかもしれない。