三井住友キャッシング 利息等端数ATM返済は出来る?実際に聞いてみた

三井住友銀行のキャッシング、あるいは三井住友カードのキャッシングにおいてお金を借りた場合には当然利息が発生しますが、殆どのATMでは1000円単位でしか入金できず全額返済した場合でも利息分だけの端数が残る場合が多いです。例えば1万円借りて翌月に1万円返した場合、年利15%であっても利息125円が掛かり何をどうやってもATMの機械上に残高として表示され続けます。キャッシングはゼロにしない限り利息が掛かりますので、例え10円でも100円でも全て返してゼロを維持する必要があります。この端数はどのようにすれば処理できるのか、実際に聞いてみました。
結論から言うと「別の支払方法で支払う」という事になります。
例えば銀行口座の場合はそこから引き落とし、クレジットカードのキャッシングの場合には端数をクレジットカードに請求、という形のようで、全額返済してカード会社に問合せした直後に利息相当分の数百円程度が請求として計上されていました。
消費者金融の場合は1000円未満は切り捨てで良いよ、端数はこちらで持ちますよという会社もあるようですが、銀行系の場合は全額キッチリ請求されるという点を覚えておくと良いでしょう。