コンビニの床に現金転がり紛失したらどうなる?キャッシュレス決済活用を

コンビニの床にお金を落とした人も多いと思いますが、殆どの場合近くにありますが、たまに転がって紛失する場合があります。
500円とかなら必死に探しますが、10円とかならもういいやと思って帰っている人も多いでしょう。
とはいえ魔法の世界ではないので、落とした金が勝手に消える事はまずありません。
大体は商品棚の下、あるいは店員側カウンターの一番下に潜んでいる事が多いですが、その場で探した時に限って見つからず一日経って見つかったとかは良くある話です。定期的に業者が清掃に入りますが、その際に見つけて店舗側に返却される事も多いです。
とはいえあくまでフロア側の金は客の金なので、勝手に処理する事はできず1ヶ月程度店舗で保管し、それでも取りに来ない場合には募金箱に投入となります。10円等、明らかに取りに来ないであろう金額の場合は即募金箱行きの場合もあります。
お金がアチコチに転がっていくような隙間を設けている本部の店舗設計にも問題があると言えますが、例え10円でも落とすと気分がブルーになりますので、なるべく現金を扱わずキャッシュレス決済・バーコード決済・クレカ払い等で購入するようにしましょう。