免許更新の色・時間・費用は?優良・一般・初回の定義も徹底解説

免許更新をする人も多いと思いますが、どこの警察も文章が多くて分かりづらいので簡潔にまとめました。

期間:免許更新が出来るのは誕生日前1ヶ月から誕生日1ヶ月後までです。その免許をいつ取ったかに関係無く誕生日基準で決まるので、誕生日直後に免許を取った方がお得という事になります。事前にハガキが届きますが小さくて紛失しやすいので注意です。
費用:全国統一で、優良3000円・一般3300円・初回/違反3850円です。原則現金払いですが、キャッシュレスに対応する所も増えてきています。優良500円・一般1000円ぐらいにしてもらいたいものですね。
時間:優良は30分、一般は1時間、初回/違反は2時間です。内容はビデオを見るだけで、高齢者の場合を除き実技はありません。実際はビデオを流したら終わりなので早く終わる事が多いです。地域によりますが飲み物の持込・飲用OKな場合が多いです。居眠りすると退室という噂も。即日交付の場合、古い免許は窓口で回収→ビデオ視聴→終了後に窓口で新免許が手渡されます。
☆裸眼でも見える人は絶対に免許更新時に眼鏡を付けない事。眼鏡を付けると眼鏡等と書き込まれ、運転時は常時眼鏡を着用しなければならず違反した場合は2点・7000円になります。
で、ここからがややこしいのですが、更新後の免許は優良・一般・初回・違反のどれかに分かれます。免許を取得すると最初の色はグリーンですが、グリーンの人が更新する場合は初めて更新するという意味で初回に分類されます。グリーンからゴールドになる事は無く、全員必ずブルーを挟みます。過去5年にわたって無事故無違反の人はゴールド免許(優良)となり講習時間30分で講習費用も一番安いです。ここでいう無事故とは人身事故を起こしていない事を示し、例え警察に届けたとしても単独の物損事故や相手はいたが人身扱いにならなかった物損事故(ミラーが当たった・バンパー擦った等)はこれには含みません。ここでいう違反とは警察官が現認もしくは速度超過等で後日呼出された違反の事です。
次に過去5年で3点以下の違反を1回のみの人は一般となりますが、こちらは違反が軽微という事で有効期限は5年のまま維持されます。講習費用と講習時間が異なる点で準優良みたいな扱いなのでしょう。
最後に1回のみだが4点以上、あるいは複数回違反した人は違反者講習となり、初回の人と同じく2時間で期限3年・3850円となります。
優良は無事故無違反を示しますが対物オンリーの事故はカウントされないのでイコール運転技術が優良とは限らない事、一般は3点以下の違反1回のみという定義ですが最近はJAFが毎年ランキングを公開するせいで歩行者妨害の取締りが異常なほどに厳しいので運転技術が優良でも無慈悲な取締りに引っ掛かる場合もありむしろこれであれば準優良として色もゴールドにして講習時間30分にしてあげてもいいのではないかと思うぐらいです。免許の更新が近い人は参考にしてみて下さい。