ホテルイースト21東京宿泊記 都心近くバブル思わせる建築で優雅な気分に陶酔

ホテルイースト21東京に泊まってみました。ディズニーに近い立地をウリにしており、東京駅にも近く羽田・成田空港へのシャトルバスも出ており、スカイツリーが見える部屋もあります。付近一帯はイースト21として商業施設を構成し、サミット(スーパー)やファミマ等が入居しています。
住所 東京都江東区東陽6-3-3 電話 03-5683-5683 チェックイン 14:00 アウト 11:00

夜遅い時間にチェックインしましたが、イースト21自体が巨大で迷子になる人も多いです。場所が分からない場合はホテルに電話してみましょう。ちなみに右写真がホテルです。駐車場は公式だと一泊1500円ですが、隣に24時間1100円の駐車場があります。一人当たりいくらで料金を取るホテルも多いですが、ここは部屋売りが基本なので人数が2倍になっても料金が2倍になる事はなく千円程度上がるだけで2人利用で1.3万程度で泊まれます。

お高い部屋だとスカイツリーが見える部屋もあるかもしれません。当方が泊まった部屋は右のように道路が見えるだけでした。

部屋はこんな感じです。現代の人からすれば少し暗めに映るかもしれませんが、1992年の建築当時はこれが当たり前だったのでしょう。ワンハーモニーの会員だと水がセットされます。このクラスのホテルにしては異例のルームサービスもあります。

テレビはユーチューブ対応の最新型にリプレースされており、枕元付近にコンセントも増設されています。建物は30年経っていますが、結構お金を掛けてメンテナンスされている様子が窺えます。

トイレ・風呂はこんな感じであり、ウォッシュレットや蛇口は最新型になっています。感染症の影響もあって水回りを交換するホテルが増えてきていますね。アメニティをセルフにするホテルも多いですが、全て完備されていました。元々の運営がお金があるとかホテル内飲食店やルームサービスで儲けているとかイースト21内のテナント料を得ているのかは不明ですが、全体的にコスパはかなり高いです。

公式ページから予約すると、特典としてコーヒーや入浴剤等のセットをもらう事ができます。競争が激しいのでサービス重視に舵を切ったのでしょう。プールも併設していますが、会員でも一人4400円、早朝限定でも2200円取ります。宿泊者は無料の所も多いので改善して欲しい所ですね。

こちらは定価3000円の朝食でビュッフェ形式となっていました。事前に朝食付きプランで予約すると半額の1500円で利用できます。宿泊者でも飛び込みだと定価になります。ご飯はコシヒカリなので美味しかったですね。従業員も高級ホテルに匹敵するぐらい常駐していて空のお皿はすぐに片付けてくれるあたりはポイント高いですね。

シェフが目の前で作ってくれるライブキッチンもあり、オムレツ等をその場で作ってくれます。

イースト21内を散策してみましたが、都内とは思えないほど広大な土地を有している事が分かります。都民割が始まるようですが、特に地方の人で慌ただしい場所は嫌だ・人が多い場所は嫌だという人に都内最初のホテルとしてお勧めですので、興味のある人はぜひ泊まってみて下さい。