四国新幹線 駅やルートは?用地問題皆無なのに長期保留続ける政府に辟易

四国新幹線の議論が盛り上がってきている。いよいよ公式も当方が主張した「JR四国の収益源」「用地問題皆無」等を主張し始めたが、政府に主張するのであれば何となく欲しいではなくロジカルに主張を展開しなければならない。政府は「沿線人口が足りない」と言い張るかもしれないが、数字で判断するなと反論すべきであり官庁の出先機関が多くJR四国の本社がある香川県が主体となって政府を吹き飛ばすぐらいの熱量で訴えるべきだろう。

四国新幹線は瀬戸大橋建設時から構想があり、瀬戸大橋はそれを見越して新幹線の用地を既に確保している。新幹線建設で大きく揉めるのは用地であるが、用地が既に確保されているというのは他の地域に比べても大きなアドバンテージであろう。図のように瀬戸大橋の一番上は高速道路であるが、下の鉄道部分は在来線上り下り・そしてそれとは別に新幹線用地が上り・下りで1線ずつ確保されており鉄道部分の減価償却は既に完了している。実際にマリンライナーや特急等で走ってみると中途半端なスペースが隣に見えるが、その部分が新幹線用地である。駅についても高松・坂出・宇多津・多度津等は橋脚や駅等の用地が確保されており、主要部分の用地問題は皆無と言っても過言ではない。
ルートについては議論段階であろうが、一番簡単なのは岡山から高松・松山を結ぶ区間だろう。これは距離が短く新幹線を見越して作られた宇多津や多度津等の用地を使う事で短期間で開業できそうだが、駅が設置されない徳島や高知からの反発が予想される。一方、四国4県を全て通る区間にすると建設費や期間が長くなる問題が発生するが、四国四県に平等に駅を設置する事が出来る。将来的には大阪や大分に延伸する事も可能であろう。
現在でも高松~松山間を移動しようとすると特急で3時間程度掛かり四国の人が大阪に行こうとすると朝から晩まで満員のマリンに乗らなければならずマリンが遅延・運休したら新幹線切符も水の泡になる等、微妙にアクセスが悪く岡山・大阪方面の定時性向上のみならず四国相互のアクセス向上の為にも早急に新幹線を建設すべきであると言えるだろう。作った物を使わないというのは政府のお家芸であるが、既存新幹線の迂回路・JR四国の収益向上・四国の魅力発信・マリンライナーのバックアップ及び混雑緩和等の目的、あるいは瀬戸大橋建設時に新幹線誘致を願って亡くなった工事関係者の望みを叶えるべきでありこの課題を将来の世代に後回しする事無く岸田内閣において早急に建設を許可しリニアの開業に合わせて新幹線またはリニア等の高速鉄道等が早期に建設される事を願ってやまない。