右半分が削ぎ落とされた新型マルチコピー機を歌舞伎町で発見

ファミマが原則としてファミポートを終了したが、都内等の狭小店では機材を運び出せない為新型コピー機導入不可・あるいは公衆電話のように本体部分だけの導入という形態が存在しているようだ。実際に歌舞伎町の店舗に行ってみた。当然ながら狭小店なのでコピー機は置かれていなかった。

このように新型マルチコピー機のチケット発券部分のみが切り抜かれてカウンター上に置かれていた。全国的に見てもかなりレアではないかと思われる。旧ファミポート時代も専用土台を設置せずに本体部分だけカウンターに乗せている店はあったのでそれと同じ運用と思われる。当然ながらコピー機への遷移ボタンは存在しないが、旧ファミポートとして受けられるサービスに制限は無いようであった。店舗によっては特殊対応を実施している場合があるので興味のある人はぜひ探してみてもらいたい。