新宿「ビックロ」6月閉店で都民衝撃 感染症の外国人客減少が影響か

新宿のビックロが6月19日に閉店すると発表があった。厳密にはユニクロ部分のみが退店し、ビックカメラ部分は残る。ネット上では「新宿の一等地でも閉店の時代か」等と色々騒がれているが、実際に行ってみた。

確かにビックカメラ部分はまだ平日昼間でも客はいたが、ユニクロエリアになると殆ど客はいなかった。しかも建物的には仕切り等がなくシームレスに移動できるのにビックカメラ部分は階別に会計でありユニクロの服をビックカメラで会計できない・逆もしかりというのも客を考えたオペレーションではなく非常に使い勝手が悪く面倒でありそのような要因も作用したのだろう。訪日外国人を主なターゲットにしていたようであるが、感染症の影響で外国人は激減、日本人相手に商売せざるを得なくなったが日本人は地元で服を買ったり通販を使ったり色々工夫している訳でターミナル駅の一等地でわざわざ家の近くにあるユニクロを大量に買い込む意味はあまりないという事なのだろう。また新宿駅東口を基準として考えた場合、徒歩5分程度掛かり立地も少し劣るのが難点だ。後継テナントは未定との事だが、感染症にも耐えられるテナントに入って欲しいものである。