すき家問題 客・経営者・政府の責任浮き彫り 深夜割増50%にすべき

すき家問題については、深夜の営業をしているコンビニ等にも同じ事が言えるのではないだろうか。客もなるべく夜勤が勤務している可能性が高い22-6の時間帯に来店しない事は言うまでも無いが、他の客がいないのを良い事に深夜時間帯に高圧的な態度や命令口調を取りトラブルを起こす人もいるし、本部は本部で大量の販促物や新商品を投入、経営者は夜勤は客来なくて暇だろと言わんばかりに天井に届くぐらい大量かつ常識外れかつ不必要なセンター便・菓子・冷凍等の発注を行い特に一番眠い3時や4時に納品が集中するのでフラフラになりながら品出ししている店員が多数だろう。
現在深夜の法定割増は25%となっており、すき家の設定も法定に少しプラスした程度だったのではないだろうか。25%と定めている労基法自体が既に時代遅れなのである。時給設定は個店の問題だと言われそうだが、その人も稼ぎたい目標金額がありその当時も他社と掛け持ちしていたはずであり時給が高ければ長い時間入らずに済んだかもしれない。それで補えないならば商品の代金に深夜割増を乗せてそれは店舗あるいは夜勤者の時給向上に使われる事という政令を作るべきであり、深夜従業員の医療費及び健康診断は国負担で完全無償化すべきである。この部分に関してはこれまで深夜従業員を軽視し労基法を改正してこなかったという点で完全に政府の責任であり、今後改善される事を期待したい。