JAF非会員がその場で入会すれば会員料金になる?嘘情報多いので注意

JAF非会員がその場で入会すれば会員料金になるというデマが広がっていますが、結論から言うとなりません。知恵袋で見たと言っても無理です。
端的に言うと、JAFに依頼した時点で非会員であればその場で入会したとしても非会員料金となります。なぜなら料金は依頼時点で決まるからです。

例えば非会員の人が公道で脱輪したとしてJAFを呼んだとしましょう。この脱輪復旧作業に対して非会員料金がその場で請求されます。隊員から「入会しますか?」みたいな問いかけがあったとしても次から有効の仮会員証が発行されるだけでこの料金が変わる事はありません。あくまでも「一回呼んだという事はまたご縁があるかもしれませんよね。その際にまた非会員の高い料金請求されるぐらいなら加入しておいた方が安いですよ」という一種の勧誘に過ぎず、隊員も獲得したらいくらとか何らかの手当が出るのかもしれません。
そして登録した翌日以降に例えば「脱輪は直ったがタイヤもパンクしていたので自宅までレッカー移送して欲しい」と別案件になった場合は移送部分からは会員料金になります。そしてその後に「自宅で様子を見たがどうしようもないのでディーラーまで移送して欲しい」となった場合もこちらも会員料金となります。
公式もややこしい説明の仕方をしていますが、電話又はアプリ等による依頼時点で会員か・非会員かが大きな判断基準になります。例えば電車で普通に切符を買った人が後から定期料金にしてくれと言ってもそれは無理ですよね。電話等で依頼する時に必ず最初に「会員でしょうか?」と聞かれます。そこで名前や電話番号等で確認を取りますが、会員である事の確認が取れなかった場合は非会員として処理請求され請求額が変わる事は一切ありませんので、お世話になりそうな人は予め加入しておくのがよいでしょう。