IS11Sから2年分のXperia性能向上を比較してみた

当方auユーザーでして、ここ数年でauは激変しました。
硬い組織の中でひたすら「Appleは嫌だ」とごねていましたが、いつのまにかiPhoneやiPadを売るようになり、ついにはauより頭の固いドコモも禁断のアップルに手を染めました。「選べる自由」とか「プラチナバンド」とか言っていますが、SHARPはIS12SH世代の動作の重さや15%きるとワンセグやカメラが使えない点がひっかかり、富士通はアローズで熱暴走&不安定カイロを生みだし、他のメーカーは国内市場のニーズをとらえきれてないと判断(ガラケー機能大事)し、auにおいては実質Xperia1択になると思います。

auにMNPされる方もいるかもしれませんが、auにおいては「ツートップ」ではなく「ワントップ」です。メーカーの回し者などではなく私の過去の経験則に基づいたものです。パケット定額がでてきたころからauユーザーで、もちろんメガネケースなるIS01とかはちゃんとスルーしました。2010年の話です。ストレート型スマホの先駆けとなったIS03も迷ってスルーしました。IS04に手を出そうとしましたが、動作の遅さとネット上であがっていた多数のフリーズ情報が決め手で予約をキャンセルしました。(IS04=富士通製。この頃から富士通は残念端末を生み出していたのです)
その後命名規則が「IS+年度+メーカー」になり、ガラケー機能のないXperia arcはauは発売せず、acroからIS11Sとして発売。11SHなども出ましたが、11世代はまだ早いとしてスマホには手を染めませんでした。

販売店で実モックによる検証を繰り返し、ようやくガラケーから代えたのがIS12SH。2011年7月のこと。IS03やIS11世代でも富士通たたきが散々な中、シャープは比較的安定していることを評価してのものです。acroはグローバルベースだったのでまだ発展途上としてスルーしました。今の世代のスマホと比べれば全然ですが、Googleマップがすぐに立ち上がりナビまで無料でできる(ガラケーだと月額契約してナビウォークしないといけなかった)、好きなアプリが入れ放題、PC版ページが見れる、pdfが見れる、ガラケー機能対応、ディスプレイ解像度も実用範囲でした。当時の販売店のお姉ちゃんがGPSをオンにしてマップで現在地をだす、ということすら知らなかった時代でしたね。

再起動に5分かかるクズさ(通話中に充電きれて相手に迷惑をかけていた)、バッテリーが15%きるとワンセグや写真撮影ができないクズさなどユーザビリティを犠牲にしていることからシャープを捨てて2012年3月にIS12Sを白ロム購入。この子、すごく地味な子なんですよね。地味な子だけどもうすぐ2年。よく仕事してくれました。

「スマホの性能比較はしない」と言っていたのですが、時代にあわせて評価項目を見直し、auのXperia限定で限定復活したいと思います。

概要 IS11S IS12S SOL21 SOL22 SOL23
画面サイズ、解像度 4.2
854*480
4.3
1280*720
4.3
1280*720
5.0
1920*1080
5.0
1920*1080
バッテリー容量
着脱
1500
1840
不可
1700
2300
3000
不可
画素数 810 1210 1300 1310 2070
Android 2.3.3 2.3.7 4.0.4 4.1.2 4.2.2
CPU MSM8655 MSM8660 MSM8960 APQ8964 MSM8974
RAM 512MB 1GB 1GB 2GB 2GB
内蔵ストレージ 1GB 16GB 16GB 16GB 32GB
重さ 135 149 120 145 171

大まかに見ると充電ケーブルなどをなくして、コストカットできる部分を探しながら性能向上に努めているように見えます。でも他メーカーとちがって卓上ホルダを削らない姿勢には感服。今後の予測として、150MbpsLTE対応、解像度がフルHDを超えてretinaのようになったり、4K解像度で動画が撮れたり、バッテリー容量が増えたり、IPS液晶、RAMやROMの増量、8コア、といったことは容易に想像できます。ただ画面の大きさは手の大きさが有限であるがために6インチ程度が限界でそれ以上は大きくならないと思います。Xperia Ultraは若干マージン設けてると思いますけど。docomoは普通にSOL23に相当する端末が9万近いようですが、auでは「高すぎると売れない」という理由からか7万円台に抑えています。

auはdocomoと異なりメーカーにしっかり開発してもらうべくXperiaの機種数を絞っています。先進性や話題性だけで闇雲に端末を出しまくってアップデートやサポートが追いつかなくなるのではなく、ニーズをきちんとおさえた「きちんと使えるか」「ガラケー機能や防水を実装できるか」などを重視しているようです。よってdocomoのように通話と通信に対応するような神アプデはありません。おおむね半年に一回のリリースで「1年周期でOSアップデート+それを搭載した新機種」をセットにしています。IS04や11世代、富士通が発売を急いで残念スマホを生みだし、世間を騒がせた部分から反省していると思います。時代が早くスマホを求める中で、ノウハウのないメーカーがすぐにスマホを作れるはずもなく。パナソニックなど撤退したメーカーが出てきたのはこのためです。

最近バージョンアップによって肥大化し、30MBを超える重いアプリが増えました。LINEはデザイン重視でコードの最適化などを知らないようで、トーク履歴が溜まるとよくフリーズしたり強制終了したりします。キャリアメールですら、開くのに3秒ほど黒画面になり、メールがMAXまで溜まるとガラケーのようなサクサク感が失われてしまいます。毎日キャッシュを削除して再起動するような律儀なユーザーなどまずいないと思うので、これらを自動で行うような仕組みが必要なように思います。OperaやGoogleのマップ、Playストアはバージョンアップで重くなったアプリの典型例です。

シャープや富士通のようにならないことを祈りつつ、今後にも期待です。