ウーバー頼んだのに遅い!キャンセル・返金は?連絡取り合い自己解決が基本

ウーバー(UberEats)は温かい食事が自宅に届きますと宣伝しているが、その実態はドライバーとのマッチングサービスに過ぎない。つまりその場所その時間で店舗から指定場所に行けるドライバーを見つけ出してドライバーに指示を出しているだけなのである。配達が開始されたら基本的に返金は無く仮に1時間過ぎて届いたとしても届いたのであれば定価が徴収される。


最初に「申し訳ありません。配達が遅れています」と出てくるが、この配達予定時刻はコロコロ変わる仕組みになっている。配達中はドライバーの設定にもよるがチャット又は電話でドライバーに連絡を取れるシステムを用意しており、配達が遅い場合は電話又はチャットで連絡を取ってみるとよいだろう。過去に位置情報が長く動かないので直接電話した事があるが、バイクのエンジンの調子が悪いので遅れますと言っていた。あくまでも個人なので真面目な人もいれば不真面目な人もいるという事でこのようなトラブルもよく起こるのである。商品が破損していた場合にはウーバーが返金等の対応を実施してくれるが、配送遅延やトラブル等については基本的にウーバーは関与しない。なぜならウーバーとドライバーは雇用関係には無くあくまでも個人事業主に過ぎないからである。キャンセルは可能だがキャンセル料が発生する可能性があり、遅延したからと言って返金はなく自分で取りにいけば15分のものが1時間掛かったとしても返金は無い。しかしドライバー側としても配送を受ける際に「30分以内に届ける事を確約します」的なボタンを押さないと配達できないはずであり、ウーバー側としてもいつまで経っても自宅と思われる場所から動かず配送時間が余りに長いドライバーは指導する等、ドライバーとして登録しアプリを起動して注文を待っている以上はいつ注文が来ても動ける体制にしておいてもらいたいものである。