市役所・県庁の駐車場が実はお得?! 民間に比べて半額・地方だと無料の場合も

コンビニやドラッグストア等に長時間駐車する人も多いと思うが、市役所や県庁の駐車場であればコンビニのように途中で追い出される事もない。なぜなら彼らは商売で駐車場を運営している訳ではないからだ。
価格はそれぞれの市役所や県庁によってマチマチであるが、地方だと無料・少し都会だと概ねその近くのコインパーキングより少し安めか半値程度に設定されている場合が多い。公務員の友人に聞いた事があるが「利益が出ない程度に」設定しているという事であった。例えば都庁の駐車場は30分300円が相場のようであるが、最初の1時間は30分150円・1時間以降30分250円で低公害車は1時間無料という特典付きだ。また駐車場ゲートがあって目的を聞かれた場合は「パンフレットを取りに来たので」とか「食事を食べに来たので」「住民票を取りに来たので」とか言えば大体通してくれる事が多い。庁舎内の受付に駐車券を提示して割引適用する役所もあるが、一旦受付に立ち寄ってパンフレットのあたりを少し眺めて後は外をウロウロしても何も言われないのだからまさに天国である。
ただし役所に駐車するデメリットとして原則としてキャッシュレス非対応、夜間は閉鎖される場合があり、3日程度置くと文書を貼られたりすぐに照会されるという部分ではデメリットであるが、半日駐車等の短時間利用であれば役所の駐車場を活用するのもメリットだろう。道の駅を使うという方法もあるが、市役所や県庁の駐車場も実は選択肢になり得るので知らなかった人はぜひ活用してみてほしい。