会社の新人「CDに焼く」通じない?! 世代格差到来とネット話題

上司が会社の新人に「CDに焼く」と説明した所、通じなかったというツイートが話題になっている。

CDに焼くとは、CDを燃やすという意味ではない。CD-R等の書き込み可能なメディアを準備し、書き込み可能なドライブにそれを挿入してCD-R等にデータを書き込む行為であるが、最近の若者は生まれた時からスマホがあり、スマホで音楽をダウンロードしているのでCDという概念を知らない人がいたとしてもおかしくはない。なぜならこの世からCDプレーヤーは殆ど絶滅しており、残っているのは車載ナビぐらいである。ちなみにCD-Rは一回のみ書き込み可能、CD-RWは削除等の書き換えも可能という違いがある。CD-Rは一般的に追記のみ可能であるが、音楽用として作った場合には追記は出来ない。殆どのメディアは700MBであるが、実際はおまけがついていて数MBぐらい多く書き込めたりする。iPod誕生以前は、多くの人がCDを買い、パソコンのHDDに保存し、再度自分で買ってきたCDに焼いてオリジナルアルバムを作り自分のプレーヤーに入れて好きな音楽を聴いていた時代があった。携帯ショップやパソコンショップ等も率先して若者に対して「CDに焼く」「DVDに焼く」体験会等を開いていく必要があると言えるだろう。