郊外で進む一般道の最高速度引き上げ ”取締りの為の規制”は辞めるべき

栃木県・茨城県において、一般道の最高速度引き上げが地道に行われている。公式に発表こそしていないが、以前にその道を走った事があれば気付くはずである。

こちらは茨城県で見られた「50規制」を消して60にしている例である。消した跡が結構鮮明なので最近のように見える。最高速度はその場所で警察が取り締まる為に設定される事が多く、いわゆる流れに即していないケースが多い。個人的に速度に一番厳しいのは埼玉県であり、その次に群馬県であると感じる。自動ブレーキ等の普及で事故率は大幅に下がっており昭和の物差しを当てはめるのはもはや時代遅れだ。流れよりも大幅に低い速度を最高速度として設定してそれを超過した人を取り締まるというのはもはや時代錯誤であり、その路線の流れや実勢速度・道路幅・事故率等を総合的に勘案して全国的に最高速度の低い区間を調査させ、最高速度を上げた県警をその場所数に応じて高く評価し多くの予算を配分するように評価プロセスを見直すべきであると言えるだろう。