時速80km/hで走れる一般道が宇都宮にあった! 2005年指定、当時は全国初

鬼怒テクノ通りと並んで、栃木県内には80km/hで走れる一般道がもう一つ存在する。国道119号(宇都宮北道路)である。栃木県内完結道路であり、駅中心部から宇都宮ICや日光方面に行けるので国道の番号的にも救急車のためと思う人もいるかもしれない。自専道でもなく普通の一般道に駐停車禁止・原付・歩行者禁止が付いているだけの緩い規定である。

この道路は2005年から80km/hとして運用されており、高速さながらに中央分離帯もしっかり整備され非常電話まで付いている。ただし長さは5km程度であり、鬼怒テクノ通りに比べるとかなり短い。最近は他県でも70km/hの一般道が増えつつあるが、80km/hの一般道を二つも持っているのは栃木だけでありこの地位は今後も揺らぐ事は無いだろう。興味のある人はぜひ走ってみてもらいたい。