ニコ動「ゆっくり」商標登録問題で反対見解表明 ブーム終焉の予感

いわゆる「ゆっくり」が商標登録され登録者が権利を主張している事に関して、ニコ動がコミュニティの発展を阻害するとして反対を表明している。当初は使用した人に対して10万円を請求するとしていたがこれを現在の所撤回しているが、いつどのように言い出すかは分からない。動画の名称として商標登録されたのみであり、それ以外の媒体で述べる分については影響を受けない。

ドワンゴは法律事務所等と相談した上で当該商標を使う場合はカテゴリーやタグ名である事を強調する、あるいは当該商標そのものではなく「ゆっくり劇場」「ゆっくり実況」「ゆっくり解説」であれば使用できるという見解を示している。ゆっくりといえば二人のキャラクターが合成音声で喋る事で有名であるが、動画再生回数がかなり回るとしてニコ動からユーチューブに入ってきた経緯があるが、ネットの画像や文章を引用の範囲を超えるほど大量に取ってきてキャラクターに喋らせて終わりという事で価値の低いコンテンツや機械的に作られたコンテンツと認識する人も少なくない。権利関係は早い物勝ちであり、この当該商標に関して現在権利がある事は紛れもない事実である訳で完全に権利的にクリーンで使える物でなくなったという事であり、ゆっくり界隈の市場が終焉しブームが縮小するきっかけになる事は言うまでもないだろう。